アメリカ:Party Animal社がペントバルビタール汚染の可能性でリコール

      アメリカ:Party Animal社がペントバルビタール汚染の可能性でリコール はコメントを受け付けていません。

テキサス州の消費者がドッグフードをラボに検査依頼した結果、ペントバルビタールが陽性という結果がでたというニュースになります。
メーカーはテキサスの小売店から連絡を受け、リコールを発表しています。

■メーカー
Party Animal社

■ブランド、賞味期限、ロット
① Cocolicious Beef & Turkey dog food
ロット:#0136E15204 04
賞味期限: 2019年7月

② Cocolicious Chicken & Beef dog food
ロット:#0134E15 237 13
賞味期限: 2019年8月

■リコールの理由

消費者がラボに検査依頼した製品のサンプルからペントバルビタールが陽性と出たため

■リコール発表日
2017年4月27日

■流通地域
アメリカ全土

■発表元
FDAからの告知

■ペントバルビタールによる症状
無気力、ふらつき、興奮、吐き気、バランスの喪失、死亡の恐れ

ペントバルビタールが混入した理由など、詳しいことは分かっていません。
消費者がこのブランドを選んで検査依頼をした経緯なども不明です。

3月にEvanger’s社が同じくペントバルビタール汚染でリコールを発表しています。
こちらとの関連も今のところ不明です。
アメリカ:Evanger’s がペントバルビタール汚染でドッグフードをリコール