アメリカ:ペントバルビタール汚染でドッグフードのリコール

      アメリカ:ペントバルビタール汚染でドッグフードのリコール はコメントを受け付けていません。

犬の死亡報告も出ているリコールです。

ドッグフードを食べた5匹の犬が病気になったり死亡したという報告を受け、検査をしたところペントバルビタールが検出されたというものです。

■メーカー
Evanger’s Dog & Cat Food Co.

■ブランド
Evanger’s (12oz Hunk of Beef Dog food)

■賞味期限
2020年6月

■製品コード
以下から始まるコードが対象
1816E03HB~
1816E04HB~
1816E06HB~
1816E07HB~
1816E13HB~

■原因
ペントバルビタール汚染の可能性

■販売地域
オンラインにて以下の州で販売
ワシントン、カリフォルニア、ミネソタ、イリノイ、インディアナ、ミシガン、ウィスコンシン、オハイオ、ペンシルバニア、ニューヨーク、マサチューセッツ、メリーランド、サウスカロライナ、ジョージア、フロリダ

■リコール発表日
2017年2月

■発表元
FDAからの告知

■ペントバルビタールによる症状
無気力、ふらつき、興奮、吐き気、バランスの喪失、死亡の恐れ

ペントバルビタールは動物病院で麻酔薬や安楽死の薬として使われている危険な成分です。
なぜペットフードにペントバルビタールが混入していたかは今のところ分かっていません。